My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader

データリンク層 ②

■IEEE Ethernet データリンク層  2つの副層


MAC (Media Access Control:媒体アクセス制御)802.3

コンテンション媒体アクセス。

<機能>

・回線選択
・フレーム順序配送
・誤り通知
・フロー制御(オプションの)
など


LLC (Logical Link Control:論理リンク制御)802.2

ネットワーク層プロトコルを識別し、カプセル化する。

<機能>

・フロー制御
・制御ビットの順序つけ
など


スイッチブリッジ

スイッチとブリッジは、どちらもデータリンク層で動作し、MACアドレスを
見てネットワークのフィルタリングを行う。


フレームを1個1個読み取り、レイヤ2デバイスがフィルターテーブル上に
送信元MACアドレスを書き込みます。
これで、どのポートで受信されたものであるとか、そのデバイスがどこに
存在するのかが分かるようになっています。


■ハブ ではなく スイッチを使用する利点

・ポートそれぞれが、コリジョンドメインである。
・スイッチに接続されている全セグメント上のデバイスが同時転送可能である。


■スイッチを使用する上での注意

異なる媒体間での翻訳はできない。

Ethernet ~ Ethernet ⇒ 通信OK

Etherbet ~ トークンリング ⇒ 通信NG

など

「データリンク層 ②」のコメントについて

「CCNAって何?リンク基礎知識集」に関するコメントは募集しておりません。有益な「データリンク層 ②」情報がございましたらお知らせいただけたら幸いです。

「データリンク層 ②」のトラックバックについて

「データリンク層 ②」のトラックバック現在、受け付けておりません。

「データリンク層 ②」
スポンサードリンク


CCNA!ネットワークエンジニアの初歩Topへ