My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
CCNA!ネットワークエンジニアの初歩 > 基礎 > データリンク層でのイーサネットの役割

データリンク層でのイーサネットの役割

データリンク層でのイーサネットの役割


ハードウエアアドレッシングを担い、また、ネットワーク層からの
パケットをフレーム化したりします。

※ハードウエアアドレッシングの事を、MACアドレッシングとも呼ぶこともある。


イーサネットフレームの種類は以下の4種類があります。

・イーサネットⅡ

・IEEE 802.3

・IEEE 802.2

・SNAP

「データリンク層でのイーサネットの役割」のコメントについて

「CCNAって何?リンク基礎知識集」に関するコメントは募集しておりません。有益な「データリンク層でのイーサネットの役割」情報がございましたらお知らせいただけたら幸いです。

「データリンク層でのイーサネットの役割」のトラックバックについて

「データリンク層でのイーサネットの役割」のトラックバック現在、受け付けておりません。

「データリンク層でのイーサネットの役割」
スポンサードリンク


CCNA!ネットワークエンジニアの初歩Topへ