My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader

コア層 ①

コア層 ①

大量のトラフィックを迅速かつ確実に転送する役割を持ち、
階層の最上位にある。


コア層の唯一の目的 ⇒ トラフィックを可能な限り速くスイッチングする


コア層での障害は、ありとあらゆるユーザに影響が及びます。
その為、下記が非常に重要です。

・フォールトトラレンス(対障害性)

・速度

・遅延(レイテンシー)

「コア層 ①」のコメントについて

「CCNAって何?リンク基礎知識集」に関するコメントは募集しておりません。有益な「コア層 ①」情報がございましたらお知らせいただけたら幸いです。

「コア層 ①」のトラックバックについて

「コア層 ①」のトラックバック現在、受け付けておりません。

「コア層 ①」
スポンサードリンク


CCNA!ネットワークエンジニアの初歩Topへ