My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader

ネットワーク層 ①

ネットワーク層は、ルーティングネットワークアドレッシングを行い、
デバイス間でのトラフィック転送を行う。

ルータやレイヤ3デバイスは、ネットワーク層で動作する。


●ルータ

ルータは、ルーティングテーブルを見て宛先アドレスを確認します。
ルーティングテーブルに、宛先アドレスが存在していない場合は
そのパケットはルータにより破棄されます。

出口となるべきインターフェースが決まった場合、パケットは
そのインターフェースへ送信され(この時、フレーム化されます)、
ローカルネットワークに無事、送信されます。


■ネットワーク層では、データパケットルート更新パケットが使用される


●データパケット

データパケットは、ルーテッドプロトコルと呼ばれ、ユーザデータ転送に
使用される。 種類には IP や IPX 。


●ルート更新パケット

ルート更新パケットは、隣接されたルータに接続されているネットワークに
ついての情報を更新するために使用され、ルータ上でルーティングテーブルを
作成や維持の為に使用される。
ルーティングプロトコルと呼ばれています。
種類には RIP , EIGRP や OSPF など。

「ネットワーク層 ①」のコメントについて

「CCNAって何?リンク基礎知識集」に関するコメントは募集しておりません。有益な「ネットワーク層 ①」情報がございましたらお知らせいただけたら幸いです。

「ネットワーク層 ①」のトラックバックについて

「ネットワーク層 ①」のトラックバック現在、受け付けておりません。

「ネットワーク層 ①」
スポンサードリンク


CCNA!ネットワークエンジニアの初歩Topへ