My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader

データリンク層 ①

データリンク層は、メッセージをビット列に変換して物理層で
送信できる状態にする。
また、メッセージをデータフレームとしてフォーマットする。
この時、宛先と送信元のハードウエアアドレスを追加します。


特徴

ローカルネットワーク上の各デバイスをユニークに識別する。

パケット送信の際には、ハードウエアアドレッシングを使用する。

パケットのフレーム化は最終受信先に到達するまで、ホップの都度、行われる。

制御情報を付加し、カプセル化するのみ。

「データリンク層 ①」のコメントについて

「CCNAって何?リンク基礎知識集」に関するコメントは募集しておりません。有益な「データリンク層 ①」情報がございましたらお知らせいただけたら幸いです。

「データリンク層 ①」のトラックバックについて

「データリンク層 ①」のトラックバック現在、受け付けておりません。

「データリンク層 ①」
スポンサードリンク


CCNA!ネットワークエンジニアの初歩Topへ