10Base2、10Base5、10BaseT

LAN設計を行う上で様々な、Ethernet(イーサネット)の種類を押さえておく必要があります。こちらではIEEE 802.3 標準の10Base210Base510BaseTを説明します。

 

10Base2

10Base2 は、thinnetシンネット)とも呼ばれている。

・10Mbps

・ベースバンド技術

・最大距離 185m

・AUIコネクタを使用

・1つのセグメントで最大の対応ワークステーション数は30台

・バス構造(論理的にも物理的にも)


10Base2 を分解説明すると以下のようになります。

1010Mbps ※速度のことです。

Baseベースバンド技術 ※通信でのシグナリング方式。

2200m ※最大距離185mに近い数字で示されてます。


● ネットワーク接続時

10Base2イーサネットカードは、BNCTコネクタ を使用。

BNC (British Naval Connector)

 

10Base5

10Base5 は、thicknetシックネット)とも呼ばれている。

・10Mbps

・ベースバンド技術

・最大距離 500m

・AUIコネクタを使用

・バス構造(論理的にも物理的にも)

・1つのセグメントで最大の対応ワークステーション数は1024台。リピータにより最大2500mまで。

 

10BaseT

各デバイスは、スイッチハブ に接続されないといけない。

・10Mbps

・ツイストペア線(カテゴリ3)を使用

・RJ-45コネクタを使用

・論理的には、バス構造。 物理的には、スター構造。

・セグメント毎、回線毎にホストは1つだけ

 

© 2020 CCNA!ネットワークエンジニアの初歩 rss