ハブ(Hub)は実質マルチポートのリピータ

ハブ(Hub)は、実質、マルチポートのリピータです。

物理的なスター型ネットワークを形成します。ハブに繋がった全てのデバイスは、同じコリジョンドメインであり、ブロードバンドドメインです。


● リピータの動き

デジタル信号を受信。
→ 信号の再生や再増幅。
→ アクティブポートにデジタル信号を転送し、終了。

※アクティブポートにデジタル信号を転送の際は、データは全く見ていない!


アクティブ・ハブの場合も同様の動きですが、ハブ上の全ポートから送出されるという違いがあります。

© 2020 CCNA!ネットワークエンジニアの初歩 rss