プレゼンテーション層

プレゼンテーション層は、アプリケーション層データを「プレゼント」する層なのでこのような名称になっている。


基本的には翻訳機能として、主に「符号化」と「変換」。

・データ圧縮、伸長

・データ暗号化、複合化


データを転送前に標準のフォーマットに変換している。

 

マルチメディアに関連するもの

・TIFF(Tagged Image File Format)

・JPEG(Joint Photographic Experts Group)

・MPEG(Moving Picture Experts Group)

・RTF(Rich Text Promat)

・MIDI(Musical Instrument Digital Interface)

・QuickTime

・PICT

など。

© 2020 CCNA!ネットワークエンジニアの初歩 rss