セッション層

セッション層の基本的な役割は、各アプリケーションのデータが、他のアプリケーションのデータと混ざらないようにすることです。セッションの設定や管理、切断などを行い、デバイス間での対話の制御も行う。

以下の3つ通信モードを提供します。

シンプレックス
半二重
全二重


セッション層プロトコルとインターフェースの例

・ASP(AppleTalk Session Protocol)

・DNASCP(Digital Network Architecture Session Control Protocol)

・NFS(Network File System)

・SQL(Structured Query Language)

・RPC(Remote Procedure Call)

・X Window

など

© 2020 CCNA!ネットワークエンジニアの初歩 rss