ネットワーク層

ネットワーク層は、ルーティングネットワークアドレッシングを行い、デバイス間でのトラフィック転送を行う。ルータレイヤ3デバイスは、ネットワーク層で動作する。


ネットワーク層では、データパケットとルート更新パケットが使用される


データパケット

データパケットは、ルーテッドプロトコルと呼ばれ、ユーザデータ転送に使用される。 種類には IPIPX


ルート更新パケット

ルート更新パケットは、隣接されたルータに接続されているネットワークについての情報を更新するために使用され、ルータ上でルーティングテーブルを作成や維持の為に使用される。ルーティングプロトコルと呼ばれています。種類には RIP , EIGRPOSPF など。

 

ルータで使用されるルーティングテーブル


ルータ

ルータは、ルーティングテーブルを見て宛先アドレスを確認します。ルーティングテーブルに、宛先アドレスが存在していない場合はそのパケットはルータにより破棄されます。

出口となるべきインターフェースが決まった場合、パケットはそのインターフェースへ送信され(この時、フレーム化されます)、ローカルネットワークに無事、送信されます。


ネットワークアドレス

プロトコル固有のネットワークアドレスルーティングプロトコル毎に、それぞれのアドレッシング方式でネットワークを監視しているため、ルーティングプロトコル毎に個別にルーティングテーブルを持つ必要がある。


インターフェース

パケットが宛先を目指す際の出口にあたるインターフェースのこと。


メトリック

リモートネットワークまでの距離。ルーティングプロトコル毎に、それぞれ距離の算出方法が違います。

・ホップ数
・ティック数
・帯域幅
・回線遅延

など

 

ルータについて押さえてほしい点

・デフォルトでは、ブロードキャストやマルチキャストのパケット転送は行わない。

・ネットワーク層のヘッダ論理アドレスを使用し、パケット転送の為のホップ先(次のルータ)を決める。

・アクセスリストによって、パケットのセキュリティ制御を行うことも可能。

・特定のトラフィックに対しては、QoS を提供も可能。

・レイヤ3デバイスは、VLAN間接続を提供する。

・必要であればレイヤ2ブリッジング機能も提供可能。

© 2020 CCNA!ネットワークエンジニアの初歩 rss